結婚祝いに食べ物を贈るときには

一昔前だと「食べたら消える」というイメージから、結婚祝いに食べ物を贈るのは遠慮されていました。
しかし最近では、受け取る側が気にしなければ食べ物を贈ることも一般的になってきています。
特に普段は食べられないようなものは、食に関心のある人ならばきっと喜ばれるでしょう。
結婚祝いにはマナーがありますが、食べ物を贈る場合もそれに準じて選びましょう。
基本的には贈る時期は結婚式の1~2ヶ月前、遅くとも式の1週間前には自宅に届くよう手配します。
手配が遅れてしまっても、式当日に渡すことは相手の荷物を増やすことになるので避けたいところです。
また、賞味期限の近いものはやはり受け取る側も困ることが多いようですね。
自宅に直接伺う場合も届くように手配する場合も、大安や先勝などの縁起のいい日を選び午前中にするのが良いでしょう。
最近では贈るものもお肉などの高級グルメだけではなく、フルーツやソース、お酒、ギフトセットと多種多様になっています。
贈る人の喜ぶ姿を想像しながら、ぜひ色々考えてみてください。

Copyright© 食べ物 結婚祝い All Rights Reserved.

結婚祝いに食べ物を贈るときには